ドジャースタジアムでも採用されていたプロセッコ・スプマンテ・D.O.C Brut(辛口、白、発泡)

  • ドジャースタジアムでも採用されていたプロセッコ・スプマンテ・D.O.C Brut(辛口、白、発泡)


ドジャースタジアムでも採用されていたプロセッコ・スプマンテ・D.O.C Brut(辛口、白、発泡)

(内容量 : 750ml × 1本)かつてドジャースタジアムVIPルームで採用されていたワイン

¥2,300(税抜)

通常小売価格:¥2,300

数量:

品番 STS501
本数 750ml × 1本
生産地 イタリア
製造元 テヌータサントーメ社
タイプ スパークリングワイン
品種 ブロッセコ100%
飲み口 BRUT 辛口
アルコール度数 約11.5%
製法 シャルマ法
味わい 柑橘系の果実香が際立つフレッシュな香りと、キリリとした酸味が魅力の辛口スパークリング。
すっきり辛口なので、シャンパン好きの方にもオススメするスプマンテです。
おすすめ料理
  • ・魚料理
  • ・チキンを使ったパスタや米料理
  • ・アペリティフ
飲み頃温度 4〜8℃

商品説明

2010年のワイン法の改正により、ベネト州・トレビゾの、定められた地域内の畑で育てられたワイン以外は「プロセッコ」を名乗ることができなくなりました。
この変更に伴い、テヌータ・サントーメ社のプロセッコ畑はD.O.C,およびD.O.C.Gの条件を満たすことなり、2010年度の出荷分より、「プロセッコ・スプマンテD.O.C」としてリリースされております。
このサントメ社のプロセッコBRUTは、ヨーロッパはもとより特に北米で人気が高く、野球のドジャースタジアムのVIPルームや、豪華帆船スタークリッパー号などセレブな場所で数多く使用されていました。その品質の高さは折り紙つきです。

サントーメ社

サントーメ社はヴェネト州に位置する造り手で、ワインの名前に、赤ワインにお父さんの名前MORO、白ワインにお母さんの名前ANNA、そして、新しく生まれた子供の名前をピノノワールでできたスプマンテにサントーマスと名づけている非常に家族の暖かさを感じる造り手です。このサントーマスはピノノワールでできたスプマンテとして、アメリカでは、非常に親しまれている商品です。

マスターソムリエ三宅俊彦氏のコメント

この、Tenuta Santome Spumante Prosecco BRUTは、もぎたての青リンゴのような爽やかな香りがあり、また、きめ細かな泡立ちがとてもエレガントで穏やかな、そして飲み心地がとてもフレッシュな辛口スパークリングワインです。
美味しく味わうには、よく冷やされるのがポイントですね。また、グラスは細長いフリュートグラスを使用してください。